ビットコインという名前はよく聞きますが、果たしてどのようなものなのかと思われる方もいらっしゃると思います。
基礎的な部分としてビットコインとは、2009年から始まったまだまだ若い通貨で、インターネット上のみに存在する仮想通貨です。
円やドルのように、国が管理をしているわけではありません。
そして中央銀行のようなものも存在しないので発行先は、あくまでもインターネット上で行われます。
銀行のようなものが仲介しているわけではありませんので、個人間の取引、決済などには手数料が発生しません。
その為に利用者は格安もしくは無料で、取引が可能な通貨です。
インターネット上で生み出しているわけですが、どのようにしているのかというと、採掘という作業をして通貨を生み出します。
採掘という作業方法は、コンピュータに大量の計算をさせて生み出されます。
しかしながら、採掘作業は今では行うユーザーが増えているために、個人で採掘するのはとても難しくなってきています。
さらには、インターネット上で通貨が売買されていますので価格の変動が起きます。
その変動する差益での投資ができる側面もあります。
実際にモノやサービスなどの決済にも使用できますし、将来的に可能性を秘めた通貨です。