小田原から登山電車で進んでいくと宮ノ下駅に到着します。宮ノ下温泉は地元の篤志家らの努力と信念により、明治時代に小田急線が開通したのと合わせて開設された温泉郷です。箱根の人気は宮ノ下から始まったと言っても過言ではありません。当時も今も湯量や質あるいは多種多様なサービスなどで他のエリアよりも群を抜いて大人気なのですが、もう1つ先の小涌谷駅で降りて小涌谷温泉にまでぜひ足を運んでみてください。

小涌谷は江戸時代中期から仙石原へ引湯していたほど湯量が豊富で、しかも質の良い温泉を豊富に吹き出している事でも知られています。周辺には千条の滝や桜と紅葉の名所蓬莱園など豊かな自然環境に恵まれたエリアでもあります。蓬莱園に隣接する旅館では全客室に露天風呂を設置して小涌谷の絶景を楽しむ事もできます。

小田急トラベルから露天風呂付き部屋の予約をすると、割引価格で利用できるサービスもやっていますから小田急トラベル公式サイトを確認してみてください。

おすすめスポットを囲むように宿が立ち並んでいますから、宿泊所に事欠くことがありません。箱根の玄関口湯本駅からもバスでわずか20分程度の距離ですから、余裕を持って温泉巡りができます。創業100年を向かえる老舗旅館もあり中には国の登録有形文化財に指定されたお宿もありますから、こちらも必見です。