世の中には、たくさんのお金と時間をかけて不妊治療に励んでいる夫婦がいます。
タイミング法といって、妊娠しやすいタイミングで性行為を行うことで受精をはかろうとするのが一番最初の取り組みになりますが、それでもだめなら排卵誘発剤を用いるなどして化学的な要素も取り込んでいきます。
そもそも妊娠しにくい理由のもっとも大きな要因は、卵子、精子ともに老化していくところにあります。
特に女性の卵子は20代から30代までの間がもっとも妊娠しやすい状態だということが分かってきましたから、自分の卵子を取り出して冷凍保存する人まで出てきました。
そんな中でエッグドナーという言葉はまだなじみがありませんが、子供を望む夫婦の一つの選択肢であることは、言葉からも容易に想像がつきます。
エッグドナーになるのは20歳から30歳までの健康な女性で、遺伝性疾患や性病などを持っていないの他にも、さまざまな条件に適合する人だけがなることができます。
卵子を取り出して提供するのがエッグドナーの役割で、自分で妊娠、出産することはないため、体への負担は少ない上に50万円~80万円という謝礼が支払われるとあって、女性たちの間ではひそかに注目されていると言えます。

このホームページにも情報があります