一般的に矯正歯科の治療においては、成人してしまう前の6~7歳の頃から始めるのがベストだと言われています。
もちろん成人してから治療することも可能ですし、何より子供の頃に自分の意志で治療を申し出ることは不可能ですから、成人になってから治療を始める方もたくさんいらっしゃいます。
しかし何事にも、メリットとデメリットの両面が存在するのが世の常です。
それは矯正歯科治療についても例外ではありません。
成人になってから治療を始める場合には、いくつかのデメリットが存在するので、それを知っておく必要はあると言えます。
例えば何よりもまず、治療にかかる期間が長くなるということが挙げられるでしょう。
これは成人はすでに歯の配置や顎の成長も全てが完成されているため、完成されているものを、言わば無理に力を与えて形を変える作業を行うため、どうしても時間がかかってしまうのです。
また時間がかかればかかるほど、治療費の負担も増えることになります。
特に社会人の場合は、当然ながら仕事を抱えながらの治療になり、多かれ少なかれ何らかの影響が及ぶでしょうから、社会人デビューする前に治療を終えておくのが賢明かもしれません。
小さなお子様がいらっしゃる方は、こういった知識を持った上で、お子様の治療について検討なさることをおすすめします。
不明な点があれば医師が丁寧に相談に乗ってくれますから、まずは遠慮なく診察を受けてみると良いでしょう。