イロアスにとって世界は情報でありつつ人のあり方を、人間を規定する場所そのものです。
情報が人の判断や多くの生活的基盤に影響していることはすでに言うまでもないほど当たり前のものとして受け入れられています。
人の生活の土台を作るという意味でも生き方の価値を変えるという意味でもその存在の必要性は大きくなりつつあります。
世界はいまだ貧困や格差といった問題を抱えてはいるものの、世界に残る資源の重要性も同時に示唆しています。
資源という面では、インターネットの技術はその革新的な技術提供をもたらしたものとなっています。
情報はその資源としての扱いで今だに多くの余力を残すものでとなっています。
ネット上で多くの情報が氾濫する中、それを一つに集約して価値を規定するのは不可能といえます。
そういった中で価値のある情報を一人で掴み取るには高い壁が存在しているのです。
イロアスはそうした個人で行うには困難なことも指導者の名の下、教育や投資によって新しい人材を生み出すことにあります。